ONEグループについて|ONEグループ キャリア採用

みんなの幸せのためにONEで育まれた目標に向かって。

Index

株式会社ONE アウトソーシング事業部 サブマネージャー

入社年月日
2012年2月
前 職
セレクトショップでの販売員(アパレル、美容部員兼)
出身地
新潟県
趣 味
料理、美味しいものを食べる、カラオケ、ランニング
好きな言葉
有言実行

制限のない環境で仕事をするために

現場のイチ販売職として数年働いていた私は、企画職や店舗づくりなど、もっと色々なことにチャレンジしたいという意志が強く、当時の職場ではなかなか希望が通らなかったこともあって、幅広く業務に関わることのできる場所を求めて、営業職としてONEに入社しました。
最初は挫折の日々でした。特に、数値目標と顧客満足のバランスに苦しみました。営業職にとってはご契約をいただき数値目標を追うことが最大のミッション。
一方で、ご契約いただいたクライアントのフォロー、顧客満足度の追求も同様に大切な仕事です。
どちらも手を抜くことなく営業としての使命を全うするために、少しずつ業務フローを改善し、徐々にではあるものの、全体がスムーズに回るようになっていきました。あの時はうれしかったですね。

災い転じて福となす

そんな矢先に、家庭の事情で、時間的に仕事を続けるのが難しくなってしまったんです。これまでの努力が形になりつつある頃だったので、悔しくてほぼ毎日泣いていました。
でも、この時だったんです、今所属しているアウトソーシング事業の立ち上げの話をいただいたのは。
当時、顧客満足度を追求するため、新しい部署を立ち上げる話が挙がっていて、この部署は営業と比べて時間の融通が利きやすかったこともあり、「ONEで培った経験がそのまま活かせるポジションで頑張ってみないか」というお話をいただいたんです。
もちろん、新部署を立ち上げるというプレッシャーはありましたが、とにかく感謝の一言しかなかったですね。
新たなポジションは、数値目標と顧客満足の双方を追求していた営業職とは違い、営業資料の作成、スカウトメールの代行配信、クライアントへの情報提供など、顧客満足度の追求が中心の仕事。
半年程度ではあるものの、それまでに培ってきた営業経験がとても活きました。数字とは違った形での「貢献」。相手が望んでいることを第一に考え、自らの判断とアイデアで行動を起こし、顧客の満足を追求する。器用ではない私には、とことん一つのことを追求できるこの仕事は、ある意味ピッタリなのかもしれません。

みんなの幸せのために

営業から今の事業部立ち上げに関わって、私の価値観も大きく変わりました。
入社当時の私の目標は、「チャレンジ&お金」ある意味わかりやすかったのですが、なかなか広がりがなかったですね。
ONEで働くうちに、お金は目標ではないということがようやくわかってきました。本当の目標、夢に向かって突き進んでいれば、お金は後からついてくるんですよね。
今の私は、自分を含めたみんなが幸せになるために仕事をしています。
クライアント、チームメンバー、ONEメンバー、友人から広くは世の中すべての人、私の関わる全ての人に幸せになって欲しいんです。
幸い、私の業務は何かに縛られたりすることがありません。人事代行や新人教育、クライアントの企業規模拡大への貢献など、顧客満足を追求するためにできることには積極的に取り組んでいます。

今後の目標

最初は一人きりでスタートしたアウトソーシング事業も、今では5名体制。
クライアントに提供できるサービスも、社内向けのサポート業務も日々大きな広がりを見せています。
今後は、クライアントとより密な関係を構築することで、今以上の顧客満足を追求したサービス展開を進めながら、その関係性から生じる様々なニーズを他事業部へのシナジーに繋いでいくことで、クライアント・ONEの双方が幸せになれるよう、取り組んでいきたいと考えています。

MESSAGE- 求職者へメッセージ -

自分の限界に見切りをつけない方であれば、活き活きと仕事ができる環境だと思います。
営業と違い、個人の数値目標がないため、作業時間やPCスキルなどの具体的な目標を自分自身で決めて仕事に取り組み、かつ、PDCAを繰り返し、常に業務改善を繰り返していく必要があります。
その分、自由度が高いため、常に貪欲に、制限なく様々な業務に取り組むことができるのがアウトソーシング事業部の良いところです。
やらされ仕事ではなく、自分から進んで仕事のできる方、チャレンジしていきたい方には最適な場所だと思います。

LIFE STYLE- ライフスタイル -

CAREER GRAPH- 人生グラフ -

学生時代アルバイトをしていたデニーズで正社員として入社。まかないの食べ過ぎと不規則な生活で太る。マナーについてのマニュアルを作ったり、ロールプレイングのテストなど、おもてなしについてみっちり働きながら学ぶことがたくさんあった。

自分の時間が欲しくて転職。地元の雑貨屋で働きたかったが、上野のセレクトショップのオープニングスタッフとして働くことが決まる。しかし、そこで上と仲良くなり銀座のセレクトショップへ3ヶ月で異動。"

今しかできないことにチャレンジしてみたいという思いが強くなる。周囲の猛反対を無視して年末で退社。年始から転職活動をしてONEへ求人広告事業部の営業として入社。

PCの使用経験がないため、研修で「セル」の意味すら分からず第一の挫折。成績も同期に差をつけられ第二の挫折。悩み明けくれる。

お客様と長期的な目線でお付き合いさせていただくこと、頼りにされることにやりがいを感じ始め、既存顧客を専任で担当する企業サポート事業部へ異動。

家庭の事情で通常通り勤務することが困難になっていた時に、営業をサポートする新事業部立ち上げの話をいただく。苦手なExcelも必至で勉強。新しい部署の立ち上げのため、なくなるも、立ち上がるのも自分次第ということが逆にやりがいになる。

一人で取り組んできた営業サポート事業部の立ち上げが軌道に乗り、部署に新メンバー増員。業務の幅が広がるやりがいを感じる。ようやく努力が実を結び、物事がかたちになりはじめたのもこのころ。

増員で部下がつき、人に教える難しさを知る。第三の挫折。

部下がそれぞれ自分の得意分野を見つけ、営業メンバーをやり取りし、感謝の言葉をもらうようになる。ひな鳥の巣立ちを見る親鳥のような気持ちになる。純粋に嬉しかったです。そして、さらに営業サポートメンバー増員へ。

新しくONEグループに参画したエランのサポートも担当するようになる。新規事業や新たな取り組みなど、関わる業務も徐々に広がり、より一層チャレンジしていきたいと意気込む。空回りしないように気を付けながら全力で仕事に取り組んでいます。

ページトップへ