ONEグループについて|ONEグループ キャリア採用

デザイナーでありながら、デザイナーではない。全ての視点でプロジェクトを進めるやりがい。

Index

株式会社ONE Webマーケティング事業部 サブマネージャー
Webデザイナー / ディレクター

入社年月日
2013年8月
前 職
Webデザイナー・プランナー
出身地
東京都
趣 味
バンド演奏、サッカー・フットサル
好きな言葉
特になし

「作るだけ」からの脱却

前職もWeb制作会社でデザイナーを担当し、代理店経由の受託案件を中心に決められた仕様に沿ってWebサイトを制作していました。
大手企業も多数手掛けていたので、デザインスキルを磨けましたし、仕事自体も楽しかったのですが、作って納品、作って納品の繰り返しで、Webクリエイターとして将来性を考える上では、なかなか難しい環境ではありました。
そうした中で転職を決意し、いろいろな企業と出会う中で、広告代理店案件でも、電話受注案件でもない、営業会社というフィールドの中での反響を獲得するONEと出会いました。
色んな意味で、「この仕組みは面白いなぁ」と素直に感じました。

あらゆる業界・分野にゼロベースから着手

ONEグループは業界トップクラスの人材事業を柱に、多数の営業メンバーが活動し、お客様の様々なニーズに対し、各事業部が連携し合って多種多様なサービスを提供しています。
Webに関するニーズは、全て相談ベースでWebマーケティング事業部の営業担当に回ってきます。ここから話が本格化すると、Webチームで引き継ぎ訪問をし、提案から契約後の制作~運用まで行っていくような流れです。
代理店を間に挟まない分、クライアントとダイレクトに意見交換しながら制作を進めることができるので、自分のアイデアを反映しやすく、クライアントが求めるWebサイトへと最も効果的に仕上げていくことができます。
また、クライアントは、求人事業をはじめとした各事業部からの紹介になるため、ジャンルを問わず、世の中に存在するあらゆる業界・分野の企業が対象になるため、常に新鮮な気持ちで制作に関わることができます。
こうした点は、これまで体験したことのない刺激にもなっています。

デザイン、ディレクター、営業の全ての視点を把握

現在は、デザイナーとしての業務をメインに、状況によってはディレクター業務を兼任することもあります。営業担当と一緒にお客様のもとへ赴き、技術やデザインについての打ち合わせに参加したり、実際に制作工程に入った段階で直接お客様とやり取りしたりしながら業務を進めています。
言われたこと、決められた業務をこなすのではなく、自ら企画提案できる自由度の高さは嬉しいポイントです。もちろん多くの引き出しを用意しておかなければいけませんが、お客様と直接話すことで新たな視点も発見できます。
色々お話ししたのですが、全てのフローがプラスに作用していると言えます。
また、大きな組織ではないのでコストマネージメントにも関わりながら、プロジェクト全体を俯瞰することができます。営業(実際は行いません)的観測は、一般のWeb会社ではなかなか把握できないもの。仕事の進め方、仕事の幅、全てにおいて自身の可能性拡大につながる環境だと思います。

日々新しい成長風景を更新できます

私は、仕事をしていく以上、そこから自分の可能性をできる限り広げていきたいと考えています。そういった意味では、ONEグループは最適な環境だと思っています。
様々な商材を扱い、多事業部との連携を強みにするコングロマリット(複合企業)。Webサイトを制作していく中で、お客様からサイト運用の人材を採用するという話が出てくれば、他部署と連携を取り、私たちが持っている情報とともに引き継ぐことができます。Web制作だけでは得ることのできない顧客満足の追求がそこにはあります。
ある意味、自由に行動すればするほど、お客様のニーズを満たすことができる。単なるWebクリエイターではなく、ビジネスパーソンとして成長し続けられる環境は、当社で仕事をする上での最大の特長であり、自分だけでは見えてこなかった風景を日々更新できる面白みだと私は考えています。

MESSAGE- 求職者へメッセージ -

当社はディレクター視点でプロジェクトに携われます。
一つのフェーズにとどまることなく、プロジェクトを通じて自身の可能性を広げたい方には最適だと思います。
また、多岐に渡る業界・分野を手掛けることで知見も深まり、積み上げた知識・経験を、当社ほど次に活かせる環境は珍しいと思います。

LIFE STYLE- ライフスタイル -

CAREER GRAPH- 人生グラフ -

小さい頃から絵を描いたり物を作るのが好きで、クリエイティブ系の仕事に就きたかったので、高校卒業後にデザインの専門学校に入学。PhotoshopやIllustratorなどを学び、デジタル技術を身に付ける。

専門学校を卒業するも、すぐに就職はせず、アルバイトをしながら、学生時代から続けていたバンド活動に勤しむ。自身のバンドのホームページを作る目的から、独学でWebデザインを始める。

独学で培ったWebの知識を活かすべく、Webマガジンの編集社に入社。実務として初めてのWeb関連業。しかし、記事の執筆や編集・画像加工が主な仕事で、Webデザインといえる仕事ではなかった。とはいえ、この会社で培った執筆力や文章力は、今でも活きている。

編集社を退職後、DTP会社に入社。しかし、ゴリゴリの超体育会系の社風についていけず、早々に退職を決意。あまりの精神的プレッシャーに蕁麻疹が出るほどだった(笑)

心機一転、Web制作会社に入社。ここでは、オンラインショップの運営(サイト運用、顧客対応、梱包、発送まで)から、Webデザイン、HTMLコーディング、SEO・SEM、クライアントへの訪問や提案、ディレクションまで、Web制作に関わる様々な業務を経験。これらの経験は自身のキャリアにとってかなり貴重なものになった。

8年間勤めたWeb制作会社だったが、世の中のWeb広告の需要増加に伴い、徐々に制作業務から広告業務へと方向転換。自身の仕事内容も、Photoshop→Excel、創造→計算と重きを変えていくことになる。算数が苦手で数字が大嫌いなため、広告運用業務にまったく興味が持てず、モチベーションが低下。退職を決意。

別のWeb制作会社へ転職。これまでの経験を活かし、制作リーダーとして、チームを動かす。制作の片手間ではあるが、営業も経験。Web運用サービスのパッケージ商品を数社受注する。

プライベートでは、2月に結婚という大きなイベントがある。その結婚を機に、会社の規模や将来性とさらなるステップアップを考え、転職を決意。

理想の職場環境や仕事内容と一致し、ONEに入社。

2014年8月に長男が誕生し、公私共に充実した生活を送る。規模拡大する会社に貢献し、家族の幸せを守るため、今後も日々精進。

ページトップへ